石五郎のライフスタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 長く曲がりくねった道が二つに分かれていたら

<<   作成日時 : 2011/10/19 12:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

最終的にはどっちでもエエという話になりますが、まあ聞いて下さい。

1.着衣の長く曲がりくねった道

THE BEATLES - THE LONG AND WINDING ROAD [w/ lyrics]


2.裸の長く曲がりくねった道

The Long And Winding Road - Let It Be... Naked - 2003


フィル・スペクターがウォール・オブ・サウンドとやらで飾り付けた方は、Let It Beのアルバムに収録されてました
長い間それが当たり前のように体にフィットしておりましたが、ネイキッドが発売された時、衝撃を受けました

それ以後、ボクはもっぱらネイキッドの方を聴いておりました

なんでか?

裸のビートルズに触れたいというファン心理でしょうかねえ


それがですね、
深夜ボーカルレッスンで
ロコ先生からオリジナルで練習するように
ご指導いただきまして

ず〜っと、着衣の方を聴いて練習しておったのです

そしたら

ポールはどう思ってるか知りませんが
こっちの方が断然イイじゃありませんか

ポールの声が輝いてます
練習するなら着衣の方です



関係ないけど、ゴヤ好きなんです〜

画像
【1.着衣のマヤ】


画像
【2.裸のマヤ】


どっちがいいか?
聞かんといて〜



■追伸

最初、こちらを着衣の長く曲がりくねった道として紹介しておりました。

Beatles - The Long and Winding Road ( Phil Spector Orchestration )


良く聴くと、ポールの声が輝いていない
ポールに見とれていたのでわからなかったけど
サビでハッキリしました

歌詞がちゃうやん

Anyway you'll never knowがオリジナルLP版ですが
Anyway you always knowと歌ってるからネイキッドと同じです

なのにオーケストラが入ってる

これってどんなバージョン?
という疑問が湧いております…




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ドラゴンズ、おめでとうございます。ツバメ、まさかの失速でした。
健康法師
2011/10/19 22:02
健康法師さん、ありがとうございます。こうゆうこともあるんですネ〜。CSでは是非雪辱を果たして下さい。
(これも塩…)
石五郎
2011/10/20 02:37
3つ目の The Long And Winding Road は 映画「LET IT BE」のスタジオ・ライブのものです。ビリー・プレストンのオルガンの頑張りに、映画を最初に見たとき感動したものです。

どっちが好きか?
(ゴヤのマヤですが)
1は想像、妄想する楽しみが・・・
2はイキナリじゃないですか
石五郎さんが2とすれば
まだまだお若い・・・
マーその日の体調と気分で変わると思いますが
ということで、NAKEDかオーケストラかという問題は
どちらもあり!
ってことで。

H
2011/10/20 09:42
ポールはフィルのアレンジに激怒したと聞いていますが、長年これを聞いていた身としては、そんなに悪くは無いんじゃないかと思ってしまいます。
原曲が良ければ、何でもありという事で、一つ穏便に(何を?)。
allways knowの方が最終形と思っていましたが、こんなのも有るんですね。
ヤス
2011/10/20 09:45
Hさん、その3つ目のなんですが〜
間奏で驚きました
映像はビリー・プレストンのオルガンなのに
音はオーケストラなんです〜。

この映画でホッと暖かいものを感じるのは
ビリー・プレストンの存在が大きかったですね。

高校の美術の時間では
皆ハイになった教材ですよね
正直に言います
2のマヤは輝いて見えます

あと、Anthology3-2のバージョンを初めて聴きました。
ポールの声はフィルがアレンジした音源かも知れないと思ったです。いろいろありすぎてワケがワカリマセン…
石五郎
2011/10/20 12:36
ヤスさん、この曲は今まで歌うのを避けてきましたが〜歌うために細かく聴き始めたら、いろんな発見があって面白いです。

今までポールは適当に歌ってる、それでも魅力的だ、と思ってました。でもそうじゃなかったです〜声を伸ばすところは、自然なビブラートなんですね。残心(というのでしょうか)が素晴らしいと思います。
石五郎
2011/10/20 12:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
猫壁紙.com

おきてがみ
by blog-parts fab.
英語名言

実際に使ってみた!

 

お勧め商品の関連記事

【アマゾン】

【楽天】

長く曲がりくねった道が二つに分かれていたら 石五郎のライフスタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる