石五郎のライフスタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS クイかクワないかがShe Loves Youの肝かよ〜

<<   作成日時 : 2010/12/30 10:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

こないだの練習でダメダシを食らったShe Loves YouのAメロ直前リードギターからチェック始めた「Complete THE BEATLES」P.869。

40年間チョーキングだと思ってた
(そうゆうの多い〜)

このライブ映像を見るとGeorgeは6フレットから5フレットにスライドさせている

The Beatles She Loves You


ウ〜ン若い!
おまけにイントロのEmは7フレットA7は5フレットのポジションでやっている

それはともかく

Aメロ直前リードはこうじゃなく、こうでした

She Loves You Lead(最初のがチョーキング、後の4回がスライド)




いつもチョーキングアップ前の音を平気に入れてたので
もっと別物に聴こえたでしょうねえ


次に、Bメロ
and you know that can't be bad〜♪の
Emでジャーンジャーンジャーンってやるとこ
Emのコード弾きながら1弦だけG F# Eってやってた

「Complete THE BEATLES」P.870を見ると
4弦の5フレットのG、4フレットのF#、2フレットのEも弾いてる
つまり間の2弦3弦を解放でBとGも弾きながらオクターブ下を響かせている

ナルホドこれはカッコイイ


コーダが不思議 P.871
頭のGのところでベースランニングっぽいギターが入るけど
このリズム、単純に8分音符が並んでると思いきや
付点8分音符、16分音符と8分音符をタイでつないで、あと8分音符
なんつうリズムやねん

She Loves You Coda(最初のが誤、後のがなんとなく正)




コーダが不思議 P.872
Bメロと同じようにジャーンジャーンジャーンが3回入る
Bメロでは、このジャーンジャーンジャーンの3つ目のジャーンはクイ
(半拍前から音を出す)
ところがコーダでは
1つ目はクイ、2つ目はクワない、3つ目はクワない

それはそれでいいんだけど
2つ目はYeah, Yeah, Yeahってコーラスと一緒にやっていて
コーラスの方はクイ

ってことは微妙にズレる
レコードを何べん聴いてもジャーンがクイのかクワないのかよくワカラナイ


この微妙なズレがウマミなのかダシなのかワカリマセンが
ここはクイと解釈しました
つか、ここまで気にしたら演奏がグチャグチャになってしまうので〜
(どっちみちグチャグチャでんがな)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
詳細な分析、恐れ入りました。
脱帽しすぎて、頭蓋骨が露出しそうです。
省みるに、私はまともなコピーをやった事がありません。
もう少し何とかしなければ、、、。
来年も宜しくお願いいたします。
ヤス
2010/12/31 09:11
ヤスさん、肝心なところをスルーして重箱のスミをネタにしてますので恥ずかしいです。
肝心がどこにあるかワカラナイので〜何とかしなければ、、、。
来年もヨロシクお願いいたします。
石五郎
2010/12/31 11:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
猫壁紙.com

おきてがみ
by blog-parts fab.
英語名言

実際に使ってみた!

 

お勧め商品の関連記事

【アマゾン】

【楽天】

クイかクワないかがShe Loves Youの肝かよ〜 石五郎のライフスタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる