リーチ先生~~~!

原田マハ作品は、芸術を題材にした小説が実に面白い。読みながら、有名な美術作品が登場するとそれをiPhoneで検索して、作品を見つつ作品を読み進むのも楽しい。「リーチ先生」は陶芸家のお話なので、そういう読み方はしなかったけれど、登場人物の中に実在する人がかなりいて、というか主人公の沖亀之介・高市親子が架空で、他の芸術家連中はみな実在してい…
コメント:4

続きを読むread more

権力者が正義を破壊する

国会で圧倒的な勢力を持っている権力者はやりたい放題を繰り返してきた。数えたらきりがない。 これが通ったらとんでもないことになるけれど これは止められないだろう どうせ強行採決するんだろう と、諦め気分 国民が投票した結果がこれなのだから この怒りを決して忘れず はなはだ心もとないが 次の選挙で正すしかないのか と、…
コメント:4

続きを読むread more

ぼんの大ジャンプ

ぼんは小さい頃からチョットどんくさいところがありました。ある時、居間に置いてあるクラビノーバから近くのテーブルに飛び移ろうとして失敗し床に落っこちたことがあります。クラビノーバーに布のカバーがしてあったのでジャンプしたときにそのカバーがズレて滑ってしまったんです。 ベランダの窓を開けたら勢いよく飛び出して まだ開けてない網戸に頭…
コメント:4

続きを読むread more

新型コロナのせいでギターを練習するようになったというお話し

ただいま人との接触を8割減らしております。仕事はテレワーク。外食も飲み歩くこともない。家の外に出かけるのは、毎日夕方5時半頃から小幡緑地までマスクしてジョギングするのと、マスクしてスーパーに時々買い出しに行くくらい。 通勤するときは朝7時過ぎに家を出ます 通勤がないとその時間に仕事を始めてしまいます 夕方5時半になると1時間半…
コメント:4

続きを読むread more

何気にライナーノーツを読んで

幼い頃からビートルズの音楽を聴いて育ったというくだりにひかれたワケじゃなかったけれど、何気にライナーノーツを最後まで読んでしまった。 「他の誰かがすでにやったことは、やりたくない。人の手がついたものに興味が持てないの。また私自身が何かを始めたとしても、みんながそれを追随したら、私はきっとやめちゃうだろうな。私は、相手の記憶に残るよ…
コメント:4

続きを読むread more

素晴らしきロコ・ファミリー2

火にかけたヤカンのお湯が沸騰しているのに誰も止めない。そんな連想をさせるような音が、どこからか微かにきこえてきました。 ピーーーーーーーというよりは プーーーーーーーに近いロングトーン ロコ先生っちの防音室からもれ聴こえてくる音でした 家を建てるなら防音室を作りたい 若い頃はそう思っておりました 望み叶わず こ…
コメント:4

続きを読むread more

素晴らしきロコ・ファミリー

ギターの弦を3カ月に1回張り替えるとするなら、いやいや僕の場合はケチだから半年に1回かな、それにしても、今まで何100回も弦を張り替えているのに~知りませんでした。 正しい弦の切り方 つまりペグに巻いて余った弦をどこで切るか? 余った弦を切らずにビラビラさせて演奏している人を見たことがあります マネしたこともありますが …
コメント:4

続きを読むread more

マスクしてる間に髭がのびてしまった

随分と無精していたんですね。顔中髭だらけでもマスクしてると気にならないし~ 僕のマスクはチョットすごい 耳にかけるんじゃなくて 2本のゴムを頭にかける 顔にピタッと密着 口のところが盛り上がって空間がある 分厚いからちょっと息苦しい 95%のウイルスをカットするって 残り5%が怖いじゃん 随分と昔に沢山買っ…
コメント:4

続きを読むread more

Doxyでドキドキわくわく

名古屋は栄のチョイ東、女子大小路の一角にDoxyというJazzライブハウスがある。ここはアマチュアのJazzプレイヤーがプロとセッションできるという。プロの演奏をバックに歌えるという。 ドキドキしながらDoxyに行ってまいりました1月28日 名古屋を代表するジャズ・ピアニスト後藤浩二さん ベースの谷井直人さんはアマチュア時代か…
コメント:4

続きを読むread more

ムーン・リバーは誰のがお好き?

ムーン・リバーといえばアンディ・ウィリアムズかな? おっと、オードリー・ヘップバーン派の方が多いかも~ ポール・キャラック派など、そうはいない! Andy Williams - Moon River(Year 1962) 728,710 回 ムーン・リバー by オードリー・ヘップバーン 2,145,335 回 …
コメント:6

続きを読むread more

久々すっとこフーテナニー

120回記念だそうです。月1回が10年も続いているわけです。そういえば初めてすっとこフーテナニーに出たのは2010年10月だった。2012年6月に1年ぶりに出た時が確か第30回でした(とブログに書きました) 確かに10年も続いたんですね それってスゴイことだと思いつつ 歳をとったなぁ~ そのすっとこフーテナニーに 我ら…
コメント:4

続きを読むread more

2020新年りとるびれっじ報告

新年早々りとるびれっじで佐久間さんのギターがすごくイイ音してました。ヘッドには見慣れないロゴ。近づいて見たけれどよくわからない。写真を撮って拡大したけれど判別できない。 結局佐久間さんに訊きました Collingsだそうです きいたことない 早速検索してみました ドヒャー ハイエンド・アコースティックだって …
コメント:4

続きを読むread more

タンゴdeビートルズ

8月24日(土)は我らがロコ先生のバンドRelaxのライブを見てきました。 Personnel Vocal/Roko Guitar/Knob Bass/Kozy Keyboard/TANI Percussion/Happy 場所は名古屋市昭和区塩付通のLa Ohana ラ オハナ https://laohana…
コメント:6

続きを読むread more

明るい夜に出かけようじゃないか

トミヤマは接触恐怖症・女子恐怖症でコミュニケーション障害。元カノと別れた理由というのが、接触したときに思わず突き倒してしまったからという。そんなこんなで大学を休学してリハビリ中、っていうかコンビニで深夜バイトの毎日。 そのコンビニでおかしな少女と出会う 佐藤多佳子著「明るい夜に出かけて」(新潮文庫) 明るい夜に出かけて (…
コメント:2

続きを読むread more

深夜ボーカルレッスンでビートルズを4曲歌う

今年のロコ・ファミリー懇親会が決まり、昨夜のボーカルレッスンで早速選曲に入りました。昨年のManhattan Transferのリベンジも捨てがたいけれど、やるなら絶対バシッと決めないといけないし、皆さんにも負担がかかるし、今回は見送って来年以降の楽しみにしておこう、ということでロコ先生と石五郎の意見が一致しました。 最近練習した…
コメント:4

続きを読むread more

ハーモニカが欲しかったんだよ

毎月3曲。これがなかなか大変なのです。今月はHさんのボーカルで3曲やることになって先週の土曜日に練習しました。まあ例によってほとんど飲んでましたが。ところが当日の朝Hさん体調不良で欠席という連絡。まあ適当に3曲拾い集めれば何とかなるでしょう。 石五郎の場合はあまりにおバカさん♪ (昔こんな歌がありましたねぇ) 練習を始めたばか…
コメント:4

続きを読むread more

落とす

名古屋市民は65歳になると敬老パスが配給されます。地下鉄と市バスが無料になります。しかしながら守山区民だけはあまり恩恵がない。地下鉄が通っていないので専ら名鉄瀬戸線を利用しているからです。 どこに行くにしても 名古屋で2番目に高い八竜山を下り 大森・金城学院前駅から名鉄瀬戸線に乗り 大曽根に出ます その大森・金城学院前…
コメント:4

続きを読むread more

青年よビートルズを歌え

ロコ先生はアンディの課題曲にビートルズを薦めました。赤の頭の3曲。 THE BEATLES 1962 - 1966Capitol 2010-10-18 THE BEATLES Amazonアソシエイト LP時代に赤買ったけどCDは持っていない 頭の3曲ってなんだったっけ Love Me Do Please …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フラメンコ伴奏、成功の秘訣

タイトルを読んで成功したと誤解してくれる人はいるかな~ 昨日の午後、無事フラメンコ伴奏を終えました。いやあ楽しかったです。病院の多目的ホールを埋め尽くした皆さんもノリノリで喜んでいただきました。アンコールまであったんです。アンコールなんて用意してないので、Volareのエンディングのリフレインをもう一度やりました。 いろんな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

フラメンコ伴奏の本番目前

この期に及んでというか、事ここに至ってというか、未だ課題山積という状態なのであります。 一曲増やしたら最初のがオロソカになってしまった許容超過 ギター1本なのに間奏もそれっぽくやることになった無謀提案 カスタネット隊はギターに合わせて叩く事になった責任重大 練習を兼ねて先週りとるびれっじでやったらガタガタで自信喪失 そ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more