明るい夜に出かけようじゃないか

トミヤマは接触恐怖症・女子恐怖症でコミュニケーション障害。元カノと別れた理由というのが、接触したときに思わず突き倒してしまったからという。そんなこんなで大学を休学してリハビリ中、っていうかコンビニで深夜バイトの毎日。 そのコンビニでおかしな少女と出会う 佐藤多佳子著「明るい夜に出かけて」(新潮文庫) 明るい夜に出かけて (…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

深夜ボーカルレッスンでビートルズを4曲歌う

今年のロコ・ファミリー懇親会が決まり、昨夜のボーカルレッスンで早速選曲に入りました。昨年のManhattan Transferのリベンジも捨てがたいけれど、やるなら絶対バシッと決めないといけないし、皆さんにも負担がかかるし、今回は見送って来年以降の楽しみにしておこう、ということでロコ先生と石五郎の意見が一致しました。 最近練習した…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハーモニカが欲しかったんだよ

毎月3曲。これがなかなか大変なのです。今月はHさんのボーカルで3曲やることになって先週の土曜日に練習しました。まあ例によってほとんど飲んでましたが。ところが当日の朝Hさん体調不良で欠席という連絡。まあ適当に3曲拾い集めれば何とかなるでしょう。 石五郎の場合はあまりにおバカさん♪ (昔こんな歌がありましたねぇ) 練習を始めたばか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

落とす

名古屋市民は65歳になると敬老パスが配給されます。地下鉄と市バスが無料になります。しかしながら守山区民だけはあまり恩恵がない。地下鉄が通っていないので専ら名鉄瀬戸線を利用しているからです。 どこに行くにしても 名古屋で2番目に高い八竜山を下り 大森・金城学院前駅から名鉄瀬戸線に乗り 大曽根に出ます その大森・金城学院前…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

青年よビートルズを歌え

ロコ先生はアンディの課題曲にビートルズを薦めました。赤の頭の3曲。 THE BEATLES 1962 - 1966Capitol 2010-10-18 THE BEATLES Amazonアソシエイト LP時代に赤買ったけどCDは持っていない 頭の3曲ってなんだったっけ Love Me Do Please …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フラメンコ伴奏、成功の秘訣

タイトルを読んで成功したと誤解してくれる人はいるかな~ 昨日の午後、無事フラメンコ伴奏を終えました。いやあ楽しかったです。病院の多目的ホールを埋め尽くした皆さんもノリノリで喜んでいただきました。アンコールまであったんです。アンコールなんて用意してないので、Volareのエンディングのリフレインをもう一度やりました。 いろんな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

フラメンコ伴奏の本番目前

この期に及んでというか、事ここに至ってというか、未だ課題山積という状態なのであります。 一曲増やしたら最初のがオロソカになってしまった許容超過 ギター1本なのに間奏もそれっぽくやることになった無謀提案 カスタネット隊はギターに合わせて叩く事になった責任重大 練習を兼ねて先週りとるびれっじでやったらガタガタで自信喪失 そ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

自転車に乗るようにブレスするのだ

ブレスには、鼻でするのと口でするのとがありますが、鼻ブレスを練習してください。と最初のころのレッスンで言われた記憶があります。それ以来、ジョギングの時には鼻で吸って口から出してます。この呼吸法はノドにとても優しい。 問題は歌う時です 息を吸って 止めて これから出す音をイメージして 声を出す これだけのことなのに…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ボラーレ、オーオ、頑張れ

Volareと言われて「なんじゃそれ」と返しましたがYouTubeを見せられて「ああこれ」と納得しました。 6月20日の院内フラメンコ・エキジビジョンでもう一曲やるという そらそうだ1曲だけじゃさみしい 皆さんにカスタネットで参加してもらおう というコーナーまである 昨日、看護婦長さんに直々挨拶されました ずいぶん長…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

星のフラメンコじゃないっつうの

フラメンコといえば「星のフラメンコ」しか思い浮かばない人も多いのではないだろうか。かくいう私もフラメンコの代表的な曲は?と訊かれたら「星のフラメンコ」以外に何も思いつかない。 3月にフラメンコの伴奏をするやもしれないと告知しましたが、本当にすることになってしまいました。本番は6月20日(木)14時。どうだ誰も来れないだろう!まあヒ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ロコちゃんに叱られる

昨夜の深夜ボーカルレッスンは若い人が休んだり遅れてきたりで平均年齢が高かったのであります。私が休めば平均年齢はグッと下がるのですがそんなことはどうでもいい。 前回のレッスンは 日常生活の中で如何に腹筋を鍛えるか というお話でした 今回のレッスンは 如何に脳を鍛えるか というお話になりました 歌うことは難しいこと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

沖縄の音階はドレファソシとはいえ

沖縄の音階はドミファソシの5音なのでペンタトニックとはいえ、普通のペンタトニックはドレミソラ(ヨナ抜き)なのでちょっと違う。 5月のりとるはビギンの三線の花を歌うとHさん 元歌を聴いてみたらコード進行はわかりやすいし 有さんマチ子さんと一緒にできたら楽しそう~ ということで鍋を囲んで練習と相成りました (あれ練習になったん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ボイス・トレーニングはホンマ・トレーニング

石五郎さんは息が足りない、しっかり吸ってないから尻すぼみに弱くなる。息はお腹だけじゃなく背中にもわき腹にも入るのです。たくさん息を吸う練習をして下さい。 woh、wohの高いところで腹筋を使うのはもちろん そのあとも腹筋を使いましたか 流石ロコ先生お見通しです 2階のター坊を呼ぶときは とても良い発声ですが 歌う…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

転ぶ

先週の木曜日の朝、転びました。ディック・フランシスの小説なら「転倒」となるところです。格好つけたタイトルにしたところで、どうにも格好つかない転倒でした… 片側4車線で中央分離帯のある国道22号を渡るところでした。道路が整備されている名古屋にあって100メートル道路を別格とすれば、おそらく1~2をあらそう道幅ではないでしょうか。それ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ボロで字が小さいのが面白くて

ディック・フランシスの作品の魅力は本物の魅力であろう。と「大穴」の解説で平尾圭吾という方が書いていた。本物の描写というのは競馬に関する深い蘊蓄から生まれる簡潔だがパンチのきいた描写とのこと。この作品から2つほど紹介している。 優勝馬レベレイションが、わずかな草で朝食をとっていた。根の近くを食いちぎっている音や、噛んでいる時の馬…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ディック・フランシスdeデジャヴ

黄ばんでボロボロの文庫本。1976年発行とある。おまけに字が小さい。画数の多い複雑な漢字は老眼鏡なしではとても読めない。そういえばこんな状態で読んだことがあったなあ。あれば天藤真の「大誘拐」だったなあ。あの作品もメチャメチャ面白かったなあ。 古くてボロいディック・フランシスの「興奮」(For Kicks)を読み始めた 興…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

懇懇と説教されてスカッとしたの巻

昨夜のボーカルレッスンのことです。僕はスカボロフェアを練習曲にしました。前回食あたりで休んだからでしょうか、それとも年寄りへのご配慮でしょうか、トップバッターでした。 1番を歌って2番に入ったとき ロコ先生からストップがかかりました なにハモパートを歌っとんのや (臨場感を出すために表現は脚色してます) 昔デュエッ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

食あたりに大当たりの巻

サイモンとガーファンクルじゃありませんがこないだの水曜の朝午前3時。なんだか熱がある、風邪ひいたかな、たぶん大したことないだろう~と思ってまた寝入りました。ビートルズのシーズリービングホームじゃありませんが水曜の朝午前5時つまり一日の始まり。なんだかおなかの調子がおかしい。トイレにかけこみました。 こりゃアカン 朝食も食べず …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

永遠の嘘をついてくれ

中島みゆきが吉田拓郎に書いた曲ですが、拓郎も中島もそれぞれCDを出している。その二人が2006年につま恋で共演した、というか拓郎のステージに中島がゲスト出演して拓郎を食ってしまったという。その動画はYouTubeにアップされては消されの繰り返しでなかなか見ることができません。ライブで見たかったな~ 君よ永遠の嘘をついてくれ いつ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

フラメンコの伴奏をするやもしれない

子供の頃、自転車に乗れるようになったばかりでまっすぐに走れない状態を、フーラーメンチョと呼んでいました。 「や~い、お前なんかフーラーメンチョ」 などと囃(はや)し立てるわけです 僕は子供の頃はとても上品だったので 人を揶揄う(からかう)ようなことはしませんが 言われたことはあります 話はコロっと変わります …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more