石五郎のライフスタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS Eva Cassidyの名曲を生で聴く方法

<<   作成日時 : 2016/10/21 18:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

私の大好きなEva CassidyのFields Of Goldをライブで歌って下さいと、ロコ先生にリクエストしたのは、昨年の秋のことでした。

ロコ先生にこんなふうにお願いしました


Eva Cassidyは1996年11月に33才の若さで夭逝しました。
このFields Of GoldはStingの曲ですが、
1996年1月にライブ録音されました。
その時すでに皮膚癌に侵され病魔と闘っていた中での録音です。

この曲を僕が初めて聴いたのは
2002年ソルトレイクシティーオリンピックの女子フィギュアスケートで
3位に終わったミッシェル・クアンがエギジビジョンで使った時でした。
でも、それがEva Cassidyの歌だと知ったのは2009年になってからでした。

この曲を味わううちに
オリジナルとの微妙な違いに気がつき驚きました。

サビからAメロにもどった部分
つまり、歳月が流れ未来の情景を歌うところ。
オリジナルはこうなっています。

See the children run as the sun goes down
Among the fields of gold

これを

See the children run as the sun goes down
as you lie in fields of gold

とEva Cassidyは歌っています。

走り回る子供たちを見ているのは
あなただけでそこに自分はいないんです。

余命を知ったEvaが愛する人たちに伝えたかった想いが
こんなふうに曲に込められていたのでは
と気がついたのです。

Fields Of Goldを聴くたびに
熱いものが込み上げてきます。


なんかリクエストある?という感じの軽いノリだった
のでしょう、きっと

石五郎そこを逃さず厚かましくも熱く語った
ロコ先生断り切れなかった
のでしょう、きっと

9月22日秋分の日
御器所のコタンというライブハウス
地下鉄御器所駅の地下通路に入口がある
沖縄料理が楽しめるお店

とうとう実現しました

画像
【ロコ先生Fields Of Goldを歌う】


Fields Of Gold素晴らしかったです
涙がこみあげてきました

また聴きたいです

そうだ、この曲もイイ
これリクエストしちゃおう

Eva Cassidy - Anniversary Song


調子にのせると怖い石五郎であった


笑顔をみせて  作詞:石五郎

明日もし逢えたら
なんて言うかな
忘れかけてたピアノ
うまく弾けるかな

なにより大切にしてた
あなたとの約束なのに
時の流れに揺られ
歳を重ねてしまった
今日まで
それでもいい

何もわからないまま
笑顔みせたいから
冗談で言ってみたのに
涙あふれて

あなたの歌が聴こえる
こうして生きてきたその理由も
やっとわかった気がする
いつも支えてくれた
あの哀しみ
立ち尽くす日々

最終列車に飛び乗った
あなたに逢いに行くために
今度は笑顔をみせて
ありがとうって
いえる

ishiNo117

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
エバのこの曲、いいですよね〜。
私は友人のボイストレーナー(本人はボーカルコーチと言っています)から教えてもらいました。
本当に沁みます。
ヤス
2016/10/22 08:30
ヤスさん、Evaの歌は聴けば聴くほど心に沁みます〜。
Autumn LeavesとかOver The RainbowやTrue Colors等の有名曲も素敵なのですが、あまり知られていない Anniversary SongとかI Know You By Heartがまたジーンとくるんです。
石五郎
2016/10/22 17:00
ついにロコ先生も唄いましたか!!!!!

この何年か「Eva Cassidy 伝道師」として報われない日々を過ごしたかいがありました。

<怖い石五郎>が好き(^^♪

原詩との違いを教えてくれた石さんにも感謝しています。
今まで3人の女性ボーカルとデュオを組んで、その都度
「Fields Of Gold」を聞かせるのですが、反応イマイチ。
エヴァの淡々としたボーカルでありながら、燃えるような感情表現が上手すぎてカバーする気になれない、言われます。
(みんな僕と同じで英語が不得意ですけど、それでも強烈な印象を持つようです)

先日、10年ほど前に僕にエヴァを紹介してくれた東京の友人から、先日突如メールが来ました。
「再びエヴァしか聞けなくなった」ですって。

彼女は、石さんと同じく国際ツアーガイドや通訳をしていてカナダ永住権を持ちながら、家庭の事情で東京に住んでいますが、いつもの事で、エヴァを聴くときはバンクーバーに帰りたいときなんですね。

それで、今月ライヴついでに東京で励ましの「エヴァ話」を呑みながらしてきました。

年末 66 才になる僕は、なんとなく「もう活動の終わりが近いかも」と考えるようになり、逆にそれがモチベーションになって、ハコライヴは一切やめて、猛烈な勢いで野外・路上に専念しています。

唄いながら倒れたい気分です(笑)

きよかん雑草(アラグサ)ブログ
http://kiyokan1950.at.webry.info/

秋田は、朝晩5℃6℃のまで寒くなりました。
体調に留意されることを!

 
唄バカきよかん
2016/10/23 00:32
きよかんさん、そうでしたね〜Eva Cassidyが取り持つ縁でしたね。

ロコ先生は「いい歌ですね〜」と云って下さいました。本当は昨年暮れのライブで歌う予定だったのですが、メンバーの急病でライブが流れてしまったのです。ですから本当に待ちに待ったライブでした。
ライブ後半の佳境で、この時だけはMCを挟まずしっとりと歌いあげてくれました。感激しました。

終わりが近いという意識がモチベーションを高めるのですか〜
きよかんさんより少し若いだけなのに、私はマダマダ・ダラダラと過ごしています。

唄いながら倒れたいなんて凄いですね。いつ倒れてもいいという気持ちで是非100歳まで歌い続けて下さい。
石五郎
2016/10/23 15:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
猫壁紙.com

おきてがみ
by blog-parts fab.
英語名言

実際に使ってみた!

 

お勧め商品の関連記事

【アマゾン】

【楽天】

Eva Cassidyの名曲を生で聴く方法 石五郎のライフスタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる