石五郎のライフスタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 弾き語りの道は険し

<<   作成日時 : 2016/02/21 01:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

深夜ボーカルレッスンで今年の抱負を「弾き語りを」などと言ってしまったのでそうゆことになってしまいました。そうゆうことになったはずなのに一向に弾き語りにならない。

弾き語りの課題曲は秦基博の「アイ(弾き語りVersion)」
何のヒネリもなくそのまんまです
タイトルが弾き語りなどという曲はきっと他にないでしょうねぇ

この曲は随分前から気に入って練習しておりました
家じゃいつもこれを弾き語りしてて
家人の耳にもタコがタコさんあるハズでして・・・

まあ最近はちょっとサボってて忘れたところもありましたが
やればすぐ思い出すやろっつうくらい
自信というほどではありませんが
なんとかギター弾きながら歌えると思っておりました

もちろんなんとかギター弾きながら歌えます
ですが深夜ボーカルレッスンはそうゆうレベルじゃないんですね〜

最初に音源をバックに歌だけやりました
まあこの曲、以前にも課題曲でやったので
その頃に比べたら少しはよろしい

次にギターだけやりました
よく知られた曲なので
他のメンバーに歌ってもらって
その伴奏をするという趣向のようです

はい、いきなりストップがかかりました
「この曲は足でリズムをとらないで」
え〜ずっと足でリズムとって練習してたのに〜
などと駄々をこねる事はしませんでした
確かに云われてみればこの曲はそうゆう曲です

キーDで男子にはちょっと高めの音がちらほら
という曲ですが女子も同じキーでやりました
はい、メンバー全員が順に歌うのです
それをボク一人が伴奏するのです

伴奏は歌に合わせます
盛り上げるところはそのように
押さえるところはそのように
おお、歌を一所懸命に聴きながら伴奏せざるを得ない
本当は一所懸命にならなきゃ出来ないじゃいけない
でもボクの場合は必死でした

コレキツイ
結果スゴク練習になる

今までいかに何にも考えずに練習してきたか
よくワカリマシタ

「練習とは考えること」(今日のロゴコロク)

レッスンではまだ一度も弾き語りをしておりません
このように2回のレッスンが過ぎました
たぶん次回もこのように過ぎるのでしょう

歌いながら楽器をひくためには
相当な練習がいるのでしょうねぇ
指が勝手に動けばイイってワケじゃなく
心で表現するには指先も体もそうゆう体勢で
それっくらいでないと弾き語りにならない
ってことなんでしょうねぇ

この人なんて伴奏しながらだけじゃなく
演奏とスキャットをシンクロさせてるんですから
どんだけスゴイか〜ようワカリマシタ
(まだワカッテないと思うけど)

John Pizzarelli: Heart Of The Country



どこにあるんだろう 作詞:石五郎

歩こう 僕と
君とどこにでも行こう
しあわせを探しに行こう

歩かない あなたと
わたしどこにも行かない
しあわせはここにあるから

ここにあるのに気がつかない
見つからなくってもかまわない
ウオウオウオ~


うれしい かなしい
ちょっとだけくやしい
一緒にいるだけでしあわせだなんて

いつでも どこでも
誰のためでもなく
しあわせはきっと生まれている

ここにあるのに気がつかない
見つからなくってもかまわない
ウオウオウオ~

ishiNo93

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
弾き語りは奥が深いんですね。
スキャットとギターのシンクロ、こんな事出来るなんてそれでも人間か!と思ってしまいます。
ヤス
2016/02/21 08:25
お父さんのバッキイ・ピザレリの演奏を聴いてから、ジョン・ピザレリを聴くと、ギターという楽器を通じてでもDNAというのは繋がり、伝承されてゆくのだなという事が解ります。
音色やら、カッティングやら
この人達やっぱり親子やな〜

石五郎さんのさらに進化した
「アイ」楽しみにしています。
H
2016/02/21 10:30
ヤスさん、私ピザレリさんと握手したことあるんですけど、ツメのアカをもらっておけばよかったです。
(練習嫌いを何とかせねば)

石五郎
2016/02/21 14:14
Hさん、バッキイ・ピザレリとジョン・ピザレリの二人が演奏しているのをYouTubeで見ました。雰囲気が似ていますね〜お父さんの演奏いいですね〜包容力を感じました。

私のアイはどうなるのでしょうか〜
裏拍を感じるように歌えと
ロコ先生には云われておりますが
これがいちばん難しいカモ…
石五郎
2016/02/21 14:58
弾き語りは技術じゃないと思う・・・
唄バカきよかん
2016/02/21 18:42
きよかんさん、〜ん禅問答みたく難しい〜
石五郎
2016/02/21 23:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
猫壁紙.com

おきてがみ
by blog-parts fab.
英語名言

実際に使ってみた!

 

お勧め商品の関連記事

【アマゾン】

【楽天】

弾き語りの道は険し 石五郎のライフスタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる