石五郎のライフスタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS Yesterday Once MoreのTheyが気になって

<<   作成日時 : 2015/10/11 08:13   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

11月23日のライブでYesterday Once Moreをコーラスすることになりました。歌詞カードを作るついでに日本語訳も、という軽いノリで始めました。割合に簡単な単語が並んでるので楽勝だと思っていました。

ところがどうもよくわからないところが・・・

最初のサビあとの
When they get to the part
Where he's breakin' her heart
It can really make me cry
というところ

彼らがその部分を手に入れる(又は到着する)時
彼女の失恋の場所
私まで悲しくなる

って訳すとわけがわからない
この1行目ってどうゆう意味?

考えてもワカラナイのでネットで調べました


ああそうか〜目からウロコでした

いろんなところにヒントがあったんだなあ

When they get to the partって現在形じゃん
theyというのは人を表すだけじゃないじゃん
その部分までにtheyは4つも使われているじゃん
 @When they played I'd sing along
 AHow I wondered where they'd gone
 BBut they're back again
 CThat they're startin' to sing's so fine.
全部でTheyが7つもあるじゃん
 DWhen they get to the part
 EAs they melt the years away.
 FThat they're startin' to sing's so fine.

どれも一番最初のtheyと同じだったのね

 When I was young I'd listen to the radio
 Waitin' for my favorite songs
 When they played I'd sing along

 若かった頃いつもラジオを聴ききながら
 大好きな歌が流れるのを待っていた
 それらが流れてくると一緒に歌ったものです

どのTheyも このmy favorite songs のことだったのね

くだんのサビあとは

 大好きな曲の
 彼女が失恋するくだりを聴くと
 今でもとても悲しくなる

という実にわかりやすい意味だったのね
(わからなかったけど)


という実にどうでもイイところでつまづいて
他の練習が実にオロソカな状態なので
来週のレッスンがオソロシカなのです

Yesterday Once More (イエスタデイ・ワンス・モア) / CARPENTERS



イエスタデイ・ワンス・モア 日本語歌詞:石五郎

古いラジオから聴こえる
なつかしい歌
忘れかけてた
あの頃

遠く離れていても
時が過ぎても
鮮やかに
よみがえるよ
美しい日々

あの Sha-la-la-la
そして Wo-o-wo-o

まだ shing-a-ling-a-ling
歌が流れてる

つらい別れ
忘れられない
今でも涙
こぼれてくる
あの時のまま

過ぎ去ったあの頃は
変わらないから
今の私が
悲しく見える

愛の歌だけが私を
ささえてくれた
あのメロディ
心の中
響き続ける

あの Sha-la-la-la
そして Wo-o-wo-o

まだ shing-a-ling-a-ling
歌が流れてる

あの喜び
熱い想い
今でも涙
あふれてくる
あの時のまま

ishiNo75

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが語学堪能な石五郎さん。
ただボ〜ッと聞いていた聞き慣れた曲ですが、お陰様で認識を新たに出来ました。
ありがとうございます。
ヤス
2015/10/12 08:16
ヤスさん、私はラジオとかフェイバリットとかメロディとか耳になじむ言葉だけをきいていたので全然理解していませんでした〜いつものことなんですけどね。
たまには真面目に調べてみるのもイイですね。
石五郎
2015/10/12 08:42
カーペンターズを聴くと、東京の学生生活が蘇ります。ラジオから流れる音楽が唯一の楽しみでした。私も歌詞を理解して聴くというより、曲全体の雰囲気に酔ってサビを口ずさんでいました。ビートルズ、カーペンターズそしてサイモン&ガーファンクルは代表格。青春の輝きです。今聴いても、そしていつまでも新しい!と思います。
kei
2015/12/27 13:26
keiさん、私もカーペンターズの全盛期と学生時代がピッタリ一致するので、彼らの曲を聴くとあの頃がよみがえります。ビートルズとサイモン&ガーファンクルはもう少し前から聴いていました。まさに青春の輝きですね。そしていつまでも新しい!です。
石五郎
2015/12/27 17:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
猫壁紙.com

おきてがみ
by blog-parts fab.
英語名言

実際に使ってみた!

 

お勧め商品の関連記事

【アマゾン】

【楽天】

Yesterday Once MoreのTheyが気になって 石五郎のライフスタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる