石五郎のライフスタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 久方の北方コーラス・リベンジ編

<<   作成日時 : 2015/01/22 14:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

久しぶりに逢った時は「久方ぶり」などと挨拶しますが、名古屋では「やっとかめ」と言うそうです。名古屋育ちの私、近所のおじさんやおばさんが「やっとかめ」というのを聞いたことはありますが、私自身が実際に「やっとかめ」と言ったことはありません。恥ずかしくてよう言わんです。

岐阜県は本巣郡北方町で毎年2月に「ふれあい合唱集会」が開催されます
ロコ先生率いるゴスペルチームが毎年参加しているんですが
昨年はボクもコーラスに加わって歌うチャンスがあったのに
仕事で出られなかったという悔しい思いをしました

はい、今年もお誘いがかかりました
つか、今年こそは!
いわゆるリベンジです

リベンジはもともと復讐・仕返し・報復〜ちょと怖そうな意味のようですが
最近は雪辱戦〜ちょっと軽めの意味で通用しているようです

さて、今回
Jesus, lover of my soul
My life is in your hands
この2曲を歌います

実は1曲目は聴いたことがなかった
こないだのレッスンまでに何度か音源を聴いておりましたが
簡単そうで難しそう

歌詞の意味がイマイチワカラナイ
そこで頑張って訳してみました

Jesus, lover of my soul
わが魂を慈しむイエス

 Jesus, lover of my soul
 Let me to Thy bosom fly
 While the nearer waters roll
 While the tempest still is high

 わが魂を慈しみたもうイエス様
 あなたの胸に飛び込ませたまえ
 波逆巻こうとも
 風吹き荒れようとも

 My Savior hide, Savior hide
 Till the storm of life be past;
 Safe into Thy haven guide;
 And receive my soul at last
 And receive my soul at last

おっと、ここでつまずいてしまった

hideが自動詞の「隠れる」なのか他動詞の「隠す」なのか・・・

救世主よ隠れて・・・
これだと人生の嵐が通り過ぎるまで救世主が隠れることになる
そうゆう救世主がいても面白いかもしれない
けどまあこれは違うでしょうネ

救世主よ隠して・・・
こっちの方は、人生の嵐が通り過ぎるまで隠して
となって、まあそれなりに意味がとおりそう
しかし何を隠すんだろう〜

ヒントは「;」セミコロンにありました

歌詞にセミコロンって見た記憶がない
初めはミスプリントかと思いました
ネットでこの曲の歌詞を調べたら大抵ついていた

セミコロンの意味を調べた
文章を同レベルでつないだり列挙したりするのがセミコロン
ってことはセミコロン付きの文章は枝の部分だから
これをスッ飛ばして読んでみる

My savior hide, savior hide and receive my soul at last

オオ; ナルホド; そうゆうコトだったのか〜

隠すのは「私の魂」だったのか
一見唐突と思われたreceiveは
実はhideと同じ立ち位置だった

ということは

 救世主よ、わが魂をかくまって下さい
 悪い世がいつか過ぎ去る時まで
 天国へ導いて下さるあなたに守られ心配ない
 最後はわが魂を迎え入れて下さい

大体こうゆう意味になるのかなあ

ここで一つ疑問

「;」セミコロンってどうやって歌うんだろう?

聴いてる人が
アッそこにセミコロンがコロンとコロがってるのね
って、どうやってワカルんやろ
そうゆう歌い方ってアルんやろか

それはさておき、あとチョット

 Plenteous grace with Thee is found
 Grace to cover all my sins;
 Let the healing streams abound
 Make and keep me pure within

オオ; ここにも; セミコロン

 あなたはお恵みをいっぱい下さった
 罪深き私をお許し下さるお恵みを;
 癒しの流れ溢れ出るままに
 私の不純を洗い清めて下さい


いやあイエスへの気持ちがハンパないですね
ハンパないという言い方がバチ当たりかもしれないと
罪深くてバチ当たりなボクは思うのです

こうゆう気持ちを込めて歌うのですぞ
できるかなあ

Jesus Lover Of My Soulで検索するとイロイロあります
曲も詞も全く違うのとか
詞は同じだけどメロディはクラシック調とか・・・

コレが近いでしょうか


ゴスペルって賛美歌なんですね
(ゴスペラーズの曲なんて言わないように)



いっぺんポ〜イ! 作詞:石五郎

悩み望み妬みそねみ
痛み励み骨身にしみ
我が身丸身たるみ臭み
刺身旨味切り身花見
眠気絡み吐気痒み
歪み軋みその苦しみ
壁にもたれこの身刻み
異形の船が空を覆う怖ろしい夢見
いっぺんポ〜イ!

ishiNo35

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私の患者さん(友人のボイストレーナーの生徒でもある)で、ゴスペルをやりたくて、NYに行ってキリスト教に改宗して頑張っている女性がいます。
やる人はやるもんだと驚いています。
ヤス
2015/01/23 08:40
やっとかめ と言うと私は
清水義範の「やっとかめ探偵団」を
思い出します。
TVドラマ化され名古屋弁満載!
面白かったな〜
小説の方も勿論いけます!

「いっぺんポ〜イ!」
イイッすね、いんいっぱい踏んでますね
言葉遊びの極致! 
きっと
キリスト様もお許し下さる?

2015/01/23 09:29
ヤスさん、スゴイ人がいるもんですね〜
是非ビッグになって欲しいですね。
罪深くてバチ当たりな私ですが
応援のエールを送りたいです。
(逆効果かな)
石五郎
2015/01/23 12:26
Hさん、やっとかめ探偵団の動画があったので今見てるとこです。
橋爪功、石倉 三郎、小松政夫、石倉三郎、佐藤B作、皆さんネイティブじゃないのに名古屋弁ウマイッすね。
小説の方まだ処分してなければ是非次回お貸し下さい!

歌うときには罪深罰当人という名前で演りたいなあと思っとります。
石五郎
2015/01/23 12:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
猫壁紙.com

おきてがみ
by blog-parts fab.
英語名言

実際に使ってみた!

 

お勧め商品の関連記事

【アマゾン】

【楽天】

久方の北方コーラス・リベンジ編 石五郎のライフスタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる