石五郎のライフスタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 亀田音楽専門学校ネタはまだまだ続く

<<   作成日時 : 2013/10/22 06:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

亀田音楽専門学校がオモシロイだけじゃなくタメになるだけじゃなくネタになる〜というネタはまだまだ続く。


第2回10月10日のテーマは「アゲアゲの転調学」


転調(modulation)とは曲の途中でキーを変えるって事
それくらいはボクでも知っています

じゃあ何のために転調するか
そんなこたあ考えたことがありません
(エラそうに言うな)

情景や雰囲気が変わるというのが
転調のいちばんの効能らしい

なぜアゲアゲ(盛り上がり)を生むのかというと
キーが上がると明るくなるし歌が力強くなるから
だそうです

最後のサビで転調というのが
Jポップの王道らしい

アンジェラ・アキの「サクラ色」では転調のまえに
ハデなジャンプ台がある

転調とはバージョンアップであり
同じフレーズを繰り返しても飽きさせない
という効能があるらしい


精霊流し グレープ
 歌詞の展開をサポートするために転調が使われ
 歌詞のストーリーの場面を変える役割をしている

Everything(2000) MISIA
 半音上がってもう一杯食べれるみたいな・・・



一方、近ごろのJポップではシークレット転調が流行り
なのだそうです

ポニーテールとシュシュ AKB48
 Aメジャー → バトンのメロディ → C♭メジャー
 転調してKeyを下げる
 keyを下げて誰でも歌いやすく

行くぜ!怪盗少女 
 最初のサビからいきなり転調

転調したかどうかワカリニクイのでシークレット転調と呼ぶそうです


さて、ココで小野文恵アナが絶妙のツッコミ
 「下げなきゃいけない曲を何故つくるのですか」
つまり最初から下げときゃイイじゃんという

亀田校長曰く
「シークレット転調は
 いいメロディをAメロでもBメロでもサビでも
 全てのパーツで聴かせるため
 80年〜90年代に小室哲哉が広めたらしい
 バブル時代が生んだ刺激的な転調と言える」



さて、次はお待ちかねビートルズのコーナーです
(なんじゃそれ)

こっから先は番組の内容とは関係ありませんので
ご了承の程を

ビートルズの転調モノと云えば

And I Love Her
 キーF#mでサビ後の間奏でまえぶれもなく半音上げ
 オーソドックスなアゲアゲなのですね

Here, There And Everywhere
 キーGメジャーがサビでGマイナーに転調するのですが
 転調のジャンプ台としてGメジャーの♭7であるF7を1拍だけかましてB♭に行きます

 このB♭がGマイナー側なの?Gメジャー側なの?どっちやねんという感じ
 不思議なサウンドですが実にカッコイイので
 ビートルズは天才だなあとつくづく思ってしまうのです 

You're Going To Lose That Girl
 キーEのBメロからジャンプ台に♭7のDをかましてサビでGに転調する
 サビからBメロに戻る時はキーGの♭7であるFをかましてキーEに戻る

 何故こんな芸当ができるのか全くワカリマセンが
 実にカッコヨクつながるので
 ビートルズは天才だなあとつくづく思ってしまうのです


ん〜他に思いつかない
転調ビートルズネタは続かない・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
最近の曲は分かりません・・・というか知りません。
小室哲哉もあまり興味が無かったしな〜。
小室と言えば等だし、哲哉と言えば武田だし。
当然バブルにも縁が無く・・・。
ビートルズの記事を書いて下さったので、そういうことかと思いました。
オッサンは意固地でいけませんね。
ヤス
2013/10/22 08:15
フ〜ン、ビートルズは何でも
やっているんですね
亀田先生に教えてあげたい!
ヒョットして
ベートーベンやブラームスにも
あったりして・・・
H
2013/10/22 10:14
ヤスさん、懐かしいですね〜出発の歌がヒットする前の六文銭のライブ見たのを思い出しました。
私も80年代からこっちはウトくて
いや、ボクの場合とにかく視野が狭くて…
最近は目も耳も遠くなりました〜
(そうゆうことじゃないか)
石五郎
2013/10/22 12:20
Hさん、いわゆるひとつの3Bですね。
Wikiを見たらクラッシックの世界でも
転調あるみたいですね。
音程をハズしたら
転調ということにしていただけると
ボクとしては助かります。

石五郎
2013/10/22 12:36
転調。
そんな曲は書いたことはないのです。
めんどくさくて。
で、僕が一番好きな「いつのまにか転調」の曲のコード進行をアップしました。
よければコードを弾いてみてください。
騙されます(笑)
http://9109.teacup.com/kiyokan/bbs?

きよかん
2013/10/29 22:48
きよかんさん、音楽掲示板拝見しました。
旅流草一郎ご本人のは見つからなかったのですが「笑顔」も聴いてみました。
聴いただけではよくわからない(笑)ので弾いてみますネ。
感想はきよかんさんの音楽掲示板の方に書きたいと思います。

石五郎
2013/10/31 06:48
「笑顔」は、東京で何度か一緒にステージをさせてもらったモスリンさん(鼻笛の第一人者)と僕の二人しかカバーしていませんね。
プロのモスリン・アレンジには全くかないません!
若干アレンジされて違っていますが、コード進行がよくわかる動画ですね。

モスリンさんには、僕のオリジナルの2〜3曲を歌ってもらっています(*^_^*)
きよかん
2013/10/31 11:13
きよかんさん、「笑顔」いい歌ですネ。
歌詞は一見字余りっぽいのに
メロディにのってるんですネ。
転調はなんとなくワカッテきました。
(まだギター弾いてないですが…)

鼻笛って初めて見ました。
音はイイですが
見かけはオカシイです。
石五郎
2013/11/01 06:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
猫壁紙.com

おきてがみ
by blog-parts fab.
英語名言

実際に使ってみた!

 

お勧め商品の関連記事

【アマゾン】

【楽天】

亀田音楽専門学校ネタはまだまだ続く 石五郎のライフスタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる