石五郎のライフスタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 聞くと聴くの違いに気がついたってお話し

<<   作成日時 : 2011/06/13 13:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

前回のボーカル・レッスンでは課題がハッキリと見えてきてトテモ充実しておりました。充実しておりましたが、どれも一筋縄ではいかないだろうなあと〜ココロとフンドシを引き締めております。その充実の一筋縄フンドシのレッスン風景を再現してみました。
(その省略、品性に欠けてるけどしょうがないか〜)


ロコ先生のアドバイスがメインですが
行間のあいてるところは、ボクが歌ってると想像してみて下さい。
(想像したないし)




この歌は余裕があってはダメ
(エッ)
この歌は最初が肝心なので
余裕で歌ってる感じを出しちゃダメ
(…)
なんか楽々歌ってる
もっと切なげにギリギリのところの感情で歌う感じにしてほしい



最初の2行良くなった
でもこっから素に戻ってる
(笑い声)
さっきの若かりし頃の感情はどこに行ったの?



言葉尻が優しすぎる
ちょっとワガママな感じでしっかり言葉を出した方がいい



コーラスが入ったところで
思わずコーラスを聴いちゃったでしょ
そこもっと声をしっかり出して


置いとく音がふわ〜っと定まらないクセがある
だから重みがなくて軽く浮いてる感じがしちゃうのです


Californiaはパーンと置いとく!
Such a lovely faceは泣く
それで次また出すみたいな
(曲名バレちゃったかな〜)


もっと出さないと〜
ふつうに友達の前で歌ってるみたい
カラオケで歌ってるみたい
ドンドン前に出す



音量の差がナイ
引くと上がるとこは置いとく



しっかり歌いきる場所をつくる
歌で主張できてない
みんながエッってきくみたいにしないと
人の耳を奪うには普通じゃダメ


課題はイッパイある



ホント課題がイッパイですが
なんで伝えようと言う気持が全然足りないのか
気がついたことがあります


「地獄耳だな、軍曹。聞いていたのか」
「いえ、聞いておったわけではありません。聴こえたのです」
浅田次郎著「シェエラザード(上)」講談社文庫 P.154(



会話などをきくときは「聞く」
音楽をきくときは「聴く」
ボクはず〜っとそう思ってましたが

そうじゃなくって
「聴く」というのは
勝手にというか自然にというか
耳に届いちゃうことなんですネ

むしろ「聞く」ほうが耳を傾けている

音楽はどんなに好きな歌でも
聴き手は自然に聴こえてくるのを待っているんだ


だから自分のために歌ってるだけじゃ何も届かない
思いっきし届ける気持がないと決して届かない

ってことなんでしょう








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
有名なあの曲ですね。
野次馬としては、レッスン前とレッスン後のを聞いてみたいです。
ヤス
2011/06/13 15:55
頑張ってますね〜♪

歌を届けるのは大変ですよね〜
ボーカル歴15年以上、未だ良く分かりませんw

でもロコ先生の言うこと、分かる〜
5分間の歌を聴いてもらには、色々考えないといけないですもんね〜

私はまず歌詞を頭の中で描けるまで、歌う様にしてますよ〜そしたら一人ぐらいは良かった!って言ってもらえます(笑)
涙そうそうのF
2011/06/13 20:56
ヤスさん、はいそのとおりです。
使用後は7月17日の本番の録音をおきかせするとして〜使用前は恥ずかしいので…
(どっちも恥ずかしいぜよ)
石五郎
2011/06/13 22:33
涙そうそうのFさん、ボクも頭の中で描けるようになりたいです…
その前に、まずは小さな声で歌うクセをどげんかせんとかんかもしれません。

道は長いですが
歩き続けりゃ
前に進むと信じて

それと、なんも考えないクセもどげんかせんとかんかもしれません…

石五郎
2011/06/13 23:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
猫壁紙.com

おきてがみ
by blog-parts fab.
英語名言

実際に使ってみた!

 

お勧め商品の関連記事

【アマゾン】

【楽天】

聞くと聴くの違いに気がついたってお話し 石五郎のライフスタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる