石五郎のライフスタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝手なビートルズはどこへ行くのでしょう

<<   作成日時 : 2011/05/11 12:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

小林信彦著「ビートルズの優しい夜」(新潮文庫)

 画面の中の四人組は妙に行儀が良く、フレームをはみ出る動きをみせなかった。
 これが自分が見たのと同じ演奏だろうか、と篤は考える。そのようでもあり、そうでないようでもある。
 画面外からの歓声はここでも凄まじい。しかし、歌がきこえなくなることはなかった。彼らの歌がはっきりとききとれること、それだけが中継録画の利点であった。
 これは篤が肉眼で観たあのビートルズではなかった。よぶんな部分(と中継担当者が考えたもの)を削り取られ、茶の間の人々の神経に触れないように入念に包装された、巧みな模造品であった。
P.49


篤は武道館の後で、テレビを観た時にそんなふうに感じた
というくだりです


ボクはテレビしか見てないし
その時の事はあんまり覚えてません

生のビートルズを見ていたら
あれはちょっと違うのでしょう

安いステレオで繰り返し聴いたLPレコードが
ボクにとってはビートルズでした

まったりとしたGWの午後
いつもお世話になっているHさんちで
先月お借りした6冊を返して
新たに8冊お借りして
(この本もそのうちの1冊…)

CDとLPの聴き比べしたんですけど
そりゃボクはアナログの方が懐かしいです

そのアナログで
イギリス版Abbey Roadの1曲目を聴きました

再生する機材がイイと全然音が違うんですね〜
(やっぱ値段やね)

ベースがジュワ〜って温かく響いているんです

いままでのCome Togetherは何だったんだ!


きっと実像なんてものはないんでしょうねえ

自分との関わりの中で得られた断片から
勝手に再構築しているだけかもしれません

その勝手なビートルズはどこへ行くのでしょう

いつもはそんなこと考えもしませんが
考えてしまうとわからなくなります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私は前座で出ていたドリフターズと尾藤イサオをおぼえています。
アナログの方が、機材の差がよく出るのでしょうか?
ヤス
2011/05/12 16:25
ヤスさん、ドリフターズは何を演奏したんでしょうねえ〜
誰がどこで何やってるかはっきり見えました。ポールはネックに頬ずりしてました…
石五郎
2011/05/13 12:50
お早うございます~♪   
先日は、気持ち玉有難うございます〜。
やっと、やっと、訪問出来て出会ったこの記事!
良かった〜!!

ビートルズのLPって、思い出があるんですよ〜。
社会人になって、初めてプレゼントされたのが、ビートルズのLPで、その時点では、特に関心はなかったんです。

それが、解散して、ジョンレノンが結婚、初?の主夫をやり、亡くなった後にジョンレノンの魅力のとりこになっちゃったんです〜。

皮肉ですけどね〜。
LPどうしたかしら~?と思いながら、実家に置きっぱなしで、実家も家を立替て、約10年!

嫁いでいる私は、尋ねようと思いつつ、忘れたままになってましたね〜。

昔、数十年前の事ですが、ある、お医者さんの自宅で、九州で一台なんて音響機材を見せられて、

その医師の、音へのこだわりと、私自身が、どんな音が出るんだろうって、機材を見ながら、思った事がありましたね〜。

やはり、アナログのそういう違いもあるんですね〜。
男性ならではの記事ですね〜。

女性の方がちよっと、弱いようですものね〜。
機材等は〜ね〜。

ちょっと、懐かしかったです~♪
夕顔とひまわり
2011/05/16 05:52
夕顔とひまわりさん、こんばんは〜♪
とっても熱いコメントありがとうございます。

いろいろ思い出しちゃいました

CDをはじめてきいた時
これで雑音とサヨナラできるって思いましたネ
ボクのアナログレコードの思い出は
ほとんどホコリとの闘いでしたから
それが一番嬉しかったです。

で、最初に買ったCDが
ビートルズのAbbey Roadでした。
もうアナログレコードを聴くこともないなんて
浅はかにもAbbey RoadのLPを知人に
あげてしまいました。

今さらですが、それがちょっと悔しいです。

LPレコードに針を落とす瞬間って
結構緊張するんですね
時々失敗したりして

ああゆう緊張感が
音楽を本気で聴く気分にさせるのかも
知れません。

その点デジタルって
取り回しが便利なので
ついダダクサに聴いちゃうところがあります

ウチのレコードプレイヤーは
ベルトがゆるゆるで
何年も前からLPを聴いてないです

おまけに最近はi-podなるものばっかしで、我家の安ステレオは待機電力を消費しているだけでした。そうそう、こないだそのコンセントも抜きました。

そんな状態だったですから
いつもお世話になっているHさんの
高級機材で聴いた時の感激は
ひとしおでした

ヘソクリ貯めて
レコードプレイヤーだけでも
買おうかしらん、と

おっと、その前に
i-podが寿命なので新調しないと

これではリッチな音響空間が遠ざかるばかりで…
石五郎
2011/05/16 23:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
猫壁紙.com

おきてがみ
by blog-parts fab.
英語名言

実際に使ってみた!

 

お勧め商品の関連記事

【アマゾン】

【楽天】

勝手なビートルズはどこへ行くのでしょう 石五郎のライフスタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる