石五郎のライフスタイル

アクセスカウンタ

zoom RSS 門前の小僧は教を読むかもしれない

<<   作成日時 : 2010/07/18 12:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

一昨日のボーカルレッスンのおさらいをしておきます。そうしないと〜どうも落ち着かないので。

6人でハモるって最後はどうなってるんだろ〜

1 3 5 7 9 11かなあ〜

今回は5と3をやりました
心の準備ができてる時はなんとか
そうじゃない時は大抵コケます
心の準備ができててもコケましたが
なんでかな〜
(この未熟モノ)


短調はDNAに染みついていると思ってましたが
これが難しいです

長調をやったあとは
特にワケがわからなくなってしまいます

長調
1 3 5 7 9

短調 3度が♭
1 ♭3 5 7 9

それでも5までは理屈レベルでわかりますが
それ以上はどうにもワケがワカラナイ
あれが7と9だったのかもワカラナイ
ひょっとしたら6と8だったかもしれないし
8と10だったかも
(この未熟モノ)


■ミュージシャンの頭の中は整理されている

ボクの課題曲I Saw Her Standing Thereの構成をきかれた時
うっかり2コーラスの後サビやって間奏と云ってしまいました
正しくは2コーラスでサビその後3コーラス目やって間奏です

この曲はボクのカラダにしみついてるハズなのに
構成は頭に入ってなくて
すごくイイカゲンに覚えてたんですね

そしてミュージシャンというものは
2コーラスの後サビやって間奏って云えば
その約束どおりにやるのですね

ボク以外のみなさんはキッチリ
2コーラスの後サビやって間奏しました
ボクだけ約束をやぶっって3コーラス目にもどったのです
(なんも考えずにやってるから〜)


■ミュージシャンはスピードをコントロールできる

誰かの課題曲を皆が演奏してるときでした
先生が「ちょっと速い!」って
手拍子でスローダウンさせました

そんなこと当たり前っちゃあ当たり前かもしれません

その当たり前の事ができないのね〜ボクらのバンドは
バンド練習の時に
ちょっと速いなあ〜と思っても
スローダウンさせることができないんです
演奏を止めて、
 今の速かった
 もう少し遅くしよう〜
ってやりなおすしかないんです
(それが出来ないうちはミュージシャンじゃないってか)



■ボーカリストは微妙な音の高さを表現できる

Kさんの課題曲の時でした
先生がイイとことイケないとこを指摘してみてって
イケないところなんてワカラナイから
ボクに当てないでって祈ってました

先生曰く
少し低い音からはじめて徐々に上げていくとこがイイって
微妙な音程をコントロールできるのですね

今ビートルズのTwo Of UsのBメロを聴いてて
going homeは最後を下げてるって気がつきました

そう云えば映画「Let It Be」でポールがジョンに
I've Gotta Feelingのギターをこうやってくれって
徐々に下げる感じを手と顔で説明してましたね

ちょっと脱線しましたが
上げたり下げたり、それから微妙な音程も
ボーカリストは自由に表現できるんですね

ぼくは微妙にフラットした音程を無意識に出せます
(それマズイじゃん)



■ワケわからないけど御利益があるかもしれないので書いておきます

8分の6は2拍子のつもりで
横にながれるように

スキャットで好きに歌う
皆の歌を聴いているうちに
何となくワカッてくる
(これぞ門前の小僧!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
難しそうですね〜。
私は何時も、何も考えていません。
したがって退化はあっても、進歩はありません。
反省。
ヤス
2010/07/19 09:08
ヤスさん、そうなんです〜とても難しいです〜♪
ひとりでやったらすぐ挫けちゃいます…
他の人たちがさらっと気持よくやってしまうので楽しくて…挫けずにいられるんですね。
(門前の小僧を目指して)
石五郎
2010/07/19 10:20
すごいですねぇ〜
いつも詳しく書いてくださるので、レッスンを思い起こすことができます。ありがとうございます。
生徒のみなさんは、毎回読むと、復習になっていいですね。
それにしても、レッスンを受けているときの、石五郎さんの顔が印象的。目をキラキラさせて、まるで新しいおもちゃを与えられた子どものようで、(失礼!)
とても楽しそうなんです。そして、たいしたアドバイスもしていないうちから、バンドで歌っているだけで、どんどん声が大きくなって、歌がよくなっていくんです。見ていて、こっちまで楽しくなりますよ。
Roko
2010/07/19 12:20
Roko先生、ありがとうございます〜♪
皆さんが楽しそうなので
ボクも楽しくなってしまいます。
2時間がアッと云う間でした。
家に帰ってからも、なんだか音楽の体になってしまったみたいで、ついついやってしまい寝不足でした〜
ボクは物忘れが激しくて、書いて何度も読み返してようやくなんとか覚えられるんです。
(トシのせい?!)
新しいおもちゃというのはピッタリです〜そんな気持ちがきっと顔に出てるのでしょうね。
石五郎
2010/07/19 15:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
猫壁紙.com

おきてがみ
by blog-parts fab.
英語名言

実際に使ってみた!

 

お勧め商品の関連記事

【アマゾン】

【楽天】

門前の小僧は教を読むかもしれない 石五郎のライフスタイル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる